一番悔しかったこと・・・

固形物を食したら必ずマグミットと大建中湯(ダイケンチュウトウ)という薬を飲みます。

飲食物を排泄しやすく柔らかくするのと胃腸の動きを活発にするためです。

それから時間をおいて下剤を飲みます。

自力では排泄力が弱いからです。万が一、便秘になったら命取りの腸閉塞ですから。

-----------------------------

オレは子供の頃から虚弱だった。特にのどから器官が弱くて幼稚園にも行けなかった。

小学生になり少しは体力がついたものの、月に何日かは発熱して休んだ。小学校卒業間近に扁桃腺の切除手術を受けた。これが良かったようで中学に入るとサッカーに打ち込み、だいぶ丈夫になってきた。

しかし、光化学スモッグなどはてきめんで一番に餌食になった。のどが痛くなり、咳き込んで動けなくなる・・・・

高校へ進学すると練習は鬼のように厳しくて50人入部したサッカー部新入部員は、夏には10人程度に減っていた。

3年目、最後に迎える全国大会の予選が始まった。

オレは誰にも体力では負けない自信を持つほど充実していた。いまでいうボランチというポジション。チームでも一番の運動量を誇り、相手のキーマンを徹底的に潰す・・・・

その日、相手は日大日吉高校。エース大友は後に読売ベルディー(当時の読売クラブ)で活躍する技量だった。

現在は神奈川県の武相高校の監督で数年前に県大会で優勝している。

しかしオレには自信があった。奴を自由にさせない。そうすればオレ達は勝てる。そう信じていた。

我が高の鬼監督も「きょうの試合はジョーにかかってる」そう、はっきり言った。

運命とはなんと残酷なのだろう。虚弱体質を克服してやっと人並み以上の体力を得て、さぁ集大成を見せてやる!

気合満々で試合が始まった。そしてそこで待っていたものは・・・・・・

光化学スモッグ

のどが苦しく、咳き込み、大友の激しい動きについていけない。

まったく力が出せずに、チームに迷惑をかけ、当然負けた。オレのせいだ。

監督の言葉は追い討ちをかけた 「きょうはジョーと心中しちまったなぁ!」

今でもトラウマだ。

こんな形での最後を迎えるとは・・・・・

大学でもサッカーを続けようか悩んでいたが、もうそんな気にはなれなかった。

体育学部へいくのもやめた。

あのとき、オレから何かが無くなった・・・・

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中