同級生が来てくれたよ!

前回遊びに来てくれたS君が、K君と一緒に遊びに来てくれました。

K君とは大学以来だから35年ぶり・・・・

そしてその変わり様には驚いた!

まず、会社を経営していたこと・・・・

先生と呼ばれる人間になっていたこと・・・・

プロレスの経験するほどのマッチョな身体になっていたこと・・・・

彼はオレのために自社開発製品をたくさん持ってきてくれた。

「周波数加工Ⓡ」されたそれらのグッズは有名アスリート達も頼りにしている製品だという。

なんだかとても効きそうな気がするのは何故なんだろう?

同級生の中に救世主がいたなんてことになったら最高だねぇ!

 
  
 
感謝!

広告

WordPress.comデザイン変更

投稿記事のアーカイブなどがなかったので

追加してみました。

WordPress.comのレンタルブログでも結構いろいろなデザイン変更や追加ができるんですね・・・・

参考にさせていただいたのはこのサイト
https://comemo508.wordpress.com/

これからもよろしくお願いします。

Androidの便利機能 辞書ツールの同期

これからはGOOGLEの時代!

Androidがグローバルスタンダードになると思います。

そこでAndroidスマホやタブレットを使っていく上での便利なことを紹介しますね。

オレは細かい作業はPCを使います。 Windows7です。

なのでPCとAndroidが同期できると非常にたすかりますね、

例えば日本語辞書です。

Microsoft IME 辞書ツールに登録したデータをAndroidデバイスで使うのです。

タブレットやスマホを買い換える度に手作業で辞書入力するのは大変な作業ですからね。。。

その方がイイって人はそのまま年取ってくださいね・・・・・笑!

やり方は簡単。

各デバイスにGoogleドライブをインストしておきます。

同じGoogleアカウントで統一すればすべて同期してますね。

デバイスにGoogle日本語入力アプリをインストし、既定に設定します。

PCのツールから辞書ツールを起動、

メニューバーのツールから一覧の出力を起動、

都合のイイ場所(デスクトップなど)に保存。

保存したファイル(output.txtになってるはず)をGoogleドライブのマイドライブに移動する。

あとは使用するデバイス側でのセット

スマホのGoogleドライブを起動

マイドライブにさっきのoutput.txtが同期されてるのを確認しよう

少しタイムラグがあるから短気な人は注意ね・・・・笑!

output.txtフォルダにタッチして、「辞書ツールで開く」を選択

「インポート先辞書の選択」で新規にするか、既存に上書きするかを選択

はい完了!

便利だねぇ~

最安値のスマホ運用方法にトライする! その3 TJC「StarQ Q5001」到着

TJC「StarQ Q5001」がきましたので、セット状況など・・・・

まずオレのガラケーからFOMA-SIMを取り出して、StarQ Q5001にセット。

StarQ Q5001は3GのダブルSIM仕様なので、SIMスロットが二つある。

SIM1は標準SIMサイズ、SIM2はmicroSIMサイズ。

どちらも同じなのでFOMA-SIMのサイズに合わせ、SIM2にセットする。

StarQ Q5001を起動してみると先ずandroidの初期設定画面。

画面の指示通りにgoogleの設定も済ませば、はい終わり・・・・

Gmailなどgoogleコンテンツは全て同期完了です。 すぐ使えるね。

電話の送受信テストしましたが問題なし。

あとで場面を変えてテストしましょう。

例えば、イヤフォンでStarQ Q5001の音楽聴いてる最中の着信とか・・・・

はい、続いてWiFiの受信です。

我が家のWiFiをすぐに感知。 パスワード入れてやって受信OK。

次は外出先などで公衆WiFiなどない場所で使う場合・・・・

オレのFOMA-SIMは通話契約のみなので、通信(docomoのiモード、spメール、moperaUなど)は使えません。

っていうか、この部分が非常に高額なのでDTI-SIMに代えているわけですから・・・・・

先日購入したdocomoのXi対応モバイルルーターにDTI-SIMをセットします。

docomoの通信エリアを受信、田舎のFOMAプラスエリアでもOKです!

ここがオレには肝心なところ。

よく田舎や島にキャンプしに行くので、その時に使えなかったら携帯を持つ意味が半減しますね、

普段の生活では携帯がなくたってなんらかの方法で連絡できるもんです。

しかーし、田舎や島ではトランシーバーか携帯がなければ役場へ行って有線放送でもするしかありません。

♪ピンポンパンポ~ン 「こちらは式根島支所です。お呼び出しを申し上げます。神奈川県からお越しの〇〇様、奥様がお待ちですので至急〇〇〇へおいでください。。。」 ♪ピンポンパンポ~ン

なーんて島中に放送されたら恥ずかしいよねぇ~

このルーターを使えばそんなことが起こらないですむのだ。

StarQ Q5001でWiFiをチェックするとdocomo L-09Cを感知しています。

パスワードをいれたら受信OK。

これで電話と通信(メール、FB,LINEとか)などを同時に待ち受けできるわけです。

しかもLTEでインターネットが使えます。

本来、StarQ Q5001は3G機種なのでXiや4G,LTEには対応しないんです。

でもモバイルルーターを経由することによって可能になるわけですね。

それからStarQ Q5001はダブルSIM仕様なのでFOMA-SIMとDTI-SIMをセットすることも可能です。

しかし両方のSIMを同時に待ち受けできないのです。

電話がかかってくるか、LINEがくるかわからない状況では、両方の待ち受けが必須なんです。

2chなどの情報で電池の消費が悪いことがわかっていました。

試すと本当でした。 頻繁に使用すると一日もちませんね。

これは大きなデメリットですが、対応はいくらでもできます・・・・

それから内部ストレージ問題、これは専門的なのでここでは省略。必要ならTJCで再調整してもらえますからOK。

そしてケース。 一応純正のソフトケースが販売されていますが、なんと一種類しかありません。

やはり好みに合ったケースを使用したいもの・・・・・

で、ヨドバシカメラで現物合わせしてみました!

するとSBのDIGNO Uというモデルのカバーがジャストフィットです。

ボリュームボタンとカメラフラッシュのところが被るのでちょっと加工してやればいけるでしょう!

さぁこれでしばらく使ってみましょう、月々1500円の運用になります。

毎月の無料通話分が持ち越しされていつも2000円分の無料通話がある状態なんで、

通話代金がオーバーすることはめったにないんです、電話嫌いなんで・・・・

電話の多い人はフリーテル加入するとイイですよ。

通話料金が半額になりますからねー

年末にdocomoの2年縛りから開放されるので、

MVNOの通話ー通信SIMに移行してみたいと思います。

そうすれば現在のスマホ、ルーターの2個持ちから、スマホ1個持ちになるわけです。

これが理想型ですからねぇ~

ということで、この話は続く・・・・