ランス・アームストロングという男


参考記事

オレは30歳後半から10年間、自転車競技にハマっていた。

競輪場のバンク競技から300kmのロードレース、3時間のMTB(マウンテンバイク)レース、バイクトライアルとあらゆる自転車競技に参加していた

それぞれの種目で表彰台にあがったことがある。

まぁ、年齢別なんていうカテゴリーのお陰だけどね・・・・

で、当時の自転車界の英雄「ランス・アームストロング」のことは尊敬し、愛していたのだ

だが彼が引退してから衝撃の「ドーピング告白」があってからは、

彼を憎んでいる!

彼はツール・ド・フランスだけでも7年間、おそらくその他に時期にもドーピングしているからたぶん10年以上の期間、オレ達を騙し続けたのだ。

しかも完全な「確信犯」なのだ

他の競技のアスリートが飲んだ風邪薬がドーピング検査にひっかかり、違反になったのとはわけが違う!

普段からドーピングとそれを隠すための薬を常用していたのだ、絶対に許せない!

彼は今、すべての記録を剥奪され120億円もの損害賠償を請求されていて破産寸前だそうだ

いいきみだ! 確信犯なのだからそれくらいの責任をとるのは当たり前だ

彼自身ドーピングというものがそれだけのリスクを背負ったものだということを知っていたのだから・・・・

今回のこの「THE PROGRAM」という映画の収益も借金返済に使われるのではないか?

そう考えるととても観る気にはなれないね!

彼は20代で癌になり、そこからの復活ということもリスペクトの要素だった・・・

なぜ癌に勝ち、繋げた命をこんな穢れた行為で汚してしまったのだろうか?

いくら考えても解らないが、今の彼は地獄へ落ちるべきである・・・・
 
 
 
 
 

ランス・アームストロングについては、もう語りたくない。
 
 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中