常識に囚われるなかれ!

一見常識と思われていることが、実は間違っていたりする。

闘病をはじめてからよく経験することだ。

医療や療法、食事などを検証するようになってそれがわかってきたね。

いま、オレはほとんど食事が出来ない状況だ。

たまごかけご飯が茶碗に半分、量としてはこれがくらいが限界かな?(おしんこ別、笑!)

そしてそれは満腹感ではなくて、身体が拒否してくるのだ。

そんな消化の悪いもんは”いらん!” って感じで・・・・・

ところがどうだ、これが肉になるとドンドン食えるのだ!

肉より野菜のほうが消化が良いと考えている人が多いのではないだろうか?

実は、野菜は消化が悪い。

繊維質と呼ばれるセルロース成分は消化しない。

だから”うんこ”が増える・・・・

便通が良くなったと勘違いしやすい。

しかしゼンドウ運動の弱いオレの腸内に野菜が入るとギブアップなのだ。

内臓の弱ったオレを救うのは、「肉」なのだ。

 
 
 

広告